提案依頼者を作っておく

会社でホームページを作るとなったときには、よほどの技術がない限りはホームページ制作会社に任せることになると思います。どの制作会社に任せるかということは非常に重要なポイントになりますし、安くて悪い業者も残念ながら存在します。もちろんどんな業者かきちんと調べておくことは大切ですし、情報収集もきちんとしなければなりません。しかし、ホームページを制作する上では「どの業者を選ぶのか」という部分に加えて、「自分たちがどれだけ準備をしたか」という点も大事になります。制作会社は、もちろんホームページを作るという技術はあります。しかし、どんなホームページを作りたいのか、どんなターゲットに向けて発信をしていきたいのかという情報は、制作会社の方では分かりません。事前にどんなものを作りたいのかという情報をまとめておくことが大切です。ホームページ制作会社と打ち合わせを行う前には、提案依頼者を作っておきましょう。これはRequest For Proposalとも言われ、頭文字を取ってRFPと呼ばれています。具体的には、「どんな人をターゲットにしているのか」「アクセスした人にどんなアクションをしてもらいたのか」「ホームページにつけたい機能は何か」「情報発信をした自社のサービス(商品)は何か」「ホームページはいつ公開するのか」といった情報をまとめておきましょう。ホームページ制作会社の方も、もらったRFPを元にして、どんな機能が効果的になるのか、どんなデザインが良いのかという部分を擦り合わせていきます。ホームページ作成の技術がないからといって、全てを丸投げにしても良い結果は得られません。あくまで自分たちは「ホームページ作成のための指示を出す側」として、能動的に動けるようにしていきましょう。

      

floating! 急浮上したいならホームページにこだわるべし-TOP