コンペ・相見積もり依頼

ホームページ制作会社を選ぶとき、コンペや相見積もりを使うのは有効な方法です。いくつかの会社に提案してもらえるので比較もしやすくなりますし、相場から大きく外れていた場合にもすぐに気付くことができます。また、1社だけでなく複数の会社に見積もりや提案を頼んでいるために、ぜひ自社を選んでもらおうと交渉にも応じてもらいやすくなります。しかし、なるべく安く良い制作会社を選びたいという気持ちから、コンペや相見積もりを依頼する会社を多くしすぎると逆にデメリットが生まれてしまいます。数が多いということは、それだけたくさんの会社とやり取りをしなければなりません。どんなホームページを作りたいのか、会社の理念やサービスは何なのか、強みやターゲットは何なのかと、コンペや相見積もりの段階から伝えなければいけない事柄は非常に多いです。しかし制作会社が多いということは、その数だけ伝えなければいけないことも増えてしまいます。時間もかかってしまいますし、それだけ人件費も高くなってしまいます。安くホームページを作りたくて制作会社と多く打ち合わせをしているのに、結局人件費がかかってしまっては何の意味もありません。だからといって打ち合わせの内容を簡単なものにしてしまうと、今度は上手く内容の擦り合わせができない状態になってしまうので、思っていたものと違うページができてしまう危険性もあります。何よりたくさんの制作会社に依頼するということは、制作会社側も「それだけたくさんの会社に依頼をしているなら、競争が激しくなって自社が選ばれる可能性は低いだろう」と考えてしまいます。そうなると自然と提案の質は落ちてしまいますし、モチベーションを下げてしまうことになりかねません。

      

floating! 急浮上したいならホームページにこだわるべし-TOP