利便性とSEO

ホームページ作成にはオリジナリティ溢れる高品質なコンテンツ作成が欠かせないのではないでしょうか。しかし、ここをクリアしたからといって安心していてはせっかくのコンテンツを台無しにしかねないと言えるでしょう。次に気を配らなければならない点として「利便性」といった面が挙げられるでしょう。いくらユーザーが利用したいと思ってくれるコンテンツを用意したとしても、ページを表示するために何分も待たされてしまった場合や、ようやく表示されたページが見辛く、目的とするコンテンツがなかなか見つからないという状況になってしまった場合、ユーザーはそのノッキングごとにストレスを感じ、不満はどんどんと大きくなっていってしまうのではないでしょうか。Googleの検索エンジンにおいては、ページ表示の速度だけではなく、各ネットユーザーの閲覧環境での表示が最適であるかどうかといった点や、表示されているレイアウトがネットユーザーにとって利便性に優れているかどうかといった点も評価の対象として考えられていると言われています。これはSEO対策としても重要な評価基準であると言えるため、サイト作成後には、この「利便性」を重要視してページ更新などを行なっていけることが望ましいのではないでしょうか。利便性を簡単に取り入れる方法としては、サイト内の「配色」もポイントになってくると言えるでしょう。ここをわかりやすくしていく方法としては、配色の中心を「色相」にするか「トーン」にするかといった問題があると言えるでしょう。色相を中心とする場合、その色相から連想される具体的かつ抽象的なイメージに対し、似た色で高彩度のものを中心に使っていくべきと言えるでしょう。トーンを中心にする場合というのは、いくつかの色相を使用してイメージを表現するときに多くわれる手法とされ、中心となるトーンを類似させていくことでイメージを表現することができるとされています。これが使われる頻度は高く、色相中心といった場合であっても高彩度の色を使わない場合はトーンイメージの方が優先されるとされています。